多趣味LIFE

関係ないようでいて意外と繋がっている趣味や仕事。新たな知識、能力を日々追い求める【多趣味LIFE】

イサキを捌いて料理してみた。香草焼きに挑む!!

こんにちは、こんばんは。多趣味LIFEのお時間です。

 

今回は、僕が釣って買って来たイサキを調理していきたいと思います。

 

 

塩焼きに最適と書いてありましたので、シーズニングを使って焼いていきたいと思います。

こちらが今回の食材↓
f:id:qoorallf:20170623230313j:image

美味しそうですね。

本当は刺身で食べたかったのですが、刺身用というシールが貼られていなかった為に断念。

シーズニング

こちらのシーズニングを使っていきたいと思います。

使い方は超簡単まぶして焼くだけ。

まずは、まぶすために魚を処理していきます。

 

調理方法

  1. 調理ばさみで背びれなど危険な部位を落としていく
  2. ペットボトルのキャップでうろこ取り
  3. 調理ばさみでお腹を開き内臓を取り除く
  4. 包丁で頭を落とす
  5. 三枚におろす
  6. まぶす
  7. 焼く
  8. 盛る

このような工程でやっていきました。

ペットボトルのキャップが見つからなかったのでスプーンで試みたのですが全くダメでした(笑)

キャップを探し出し使ってみると、なぜペットボトルのキャップなのか分かりました。

 

「めっちゃうろこ取れる!!」

 

結構感動しました。

 

イサキの香草焼き

f:id:qoorallf:20170623230325j:image

こんな感じに仕上がりました。

油を注いで中火で焼くだけなのですが皮の方から焼いたのがミスだったかもしれません。

入れた瞬間にブリッジしました。

皮をカリカリに焼く予定でしたがブリッジしたことによりラピュタ状態(天空)になってしまいフライパンへの接地面が激減……

渋々、身の方を下にしカリッと焼きました。

 

食レポ

あれ? この香り知ってるぞ!! なんだっけ……

 

「ファミマのプレミアムチキン!!」

 

香はまさにそれという感じでした。

蓋をして焼いたので蒸し焼きのような状態になり身はふわふわしていました。

肉厚な部分は味が薄くなるので回りのバジルソースで対応し美味しく頂きました。

ぎょぎょしい臭いもなく(初めてこんな表現したよw)ふわふわとした身、まさに焼きに最適でした。

ファミマのプレミアムイサキの香草焼きオススメです!!

是非、お試しあれ。

 

それでは、また。