多趣味LIFE

好奇心旺盛な20代の活動記録。アウトドアからインドアまで色々な情報を発信予定です!!

【メンタリストDaiGo】超効率勉強法・最短の時間で最大の成果を手に入れる方法を読んでみた。

最短の時間で最大の成果を手に入れる 超効率勉強法

発売前に予想を立てたので答え合わせとレビューを兼ねてざっくりまとめていきたいと思います。

 

ainsofu.hatenablog.com

 

やってはいけない7つの勉強法

やってはいけない!7つの勉強法。1.ハイライトまたはアンダーライン。2.語呂合わせ。3.テキストの要約。4.テキストの再読。5.集中学習。6.自分の学習スタイルに合わせる。7.忘れる前に復習する。いずれも、多くの学校や予備校で教えられているテクニックばかりです。いったい、これらの定番勉強法のどこに不備があり、なぜやってはいけないのでしょうか?本書でこれから一つずつ解き明かし、それに代わる「本当に使える勉強法」をお教えしましょう。「先生に教わったやり方」を根底から覆す、科学的なメソッド35。入学試験、資格試験、昇進試験、検定試験、すべての試験で効果抜群!

 

  • マーカーで線を引く
  • 語呂合わせ
  • 要約
  • 再読
  • 長時間の学習
  • 独自の学習スタイル
  • 忘れる前に復習

 

効果がゼロって訳でもないですが極めて薄いという事だそうです。

 

後の章で紹介されている事で、これらの方法が息を吹き返すやり方というものが記載してありました。

 

例えば、

マーカーで線を引く場合、答えに線を引くのではなく問題となる部分に線を引くことで、本を問題集化する事が可能になります。

 

問題を作る気持ちで本を読んでいくことでアクティブラーニング(次項で紹介)する事が出来るので、脱やってはいけない勉強法になるという事になります。

 

この方法に関しましてはKindleが適役だと思います。

 

Kindleにはフラッシュカードという機能が付いており、本を読みながら問題集を作る事が出来るのでかなり便利です。

 

更に、線を引いた部分のみ見る事も可能なので、中々オススメです。

 

 

超効率勉強法の基本

王道かつ基本はアクティブラーニング

 

積極的に勉強へ取り組むという事なのですが、受け身ではなく、自分の頭を使いながらという事になります。

 

例えば、

超効率勉強法に書いてある勉強方法を試してどれが最も自分に効果的か試してみよう!!

 

という感じで勉強に取り組んでも良いです。

 

科学的なメソッドを紹介してくれているので効果の高い勉強法ですのでやって損はないといったところ。

 

まとめ

勉強で大切なことは、記憶を長期的に保有し使用することが出来るという事です。

 

つまり、

超効率勉強法は勉強した内容を長期記憶に叩き込むということです。

  • アクティブラーニング
  • 休息
  • 運動
  • 好奇心

 

これらが、長期記憶に叩き込む為には重要なポイントとなってきます。

 

休息

ainsofu.hatenablog.com

 休息には、脳内の情報を整理する効果があります。

 

しかし、

勉強後にスマホでゲームなど他の情報を入れてしまうと整理する時間が取れず、長期記憶に定着しずらくなってしまいます。

 

つまり、

勉強後は無になりましょうという事です。

 

極力情報を入れない方が、脳にとっては整理する時間が取れて長期記憶に叩き込むことが出来ます。

 

ainsofu.hatenablog.com

 

運動

運動することで血流が良くなり脳の機能が向上する&脳へ水分を供給することが出来る。

 

血流が良くなって脳の機能が向上するのは何となく分かるかもしれませんが、実は、水分補給にも役立ちます。

 

ainsofu.hatenablog.com

 

水を飲むだけで記憶力が向上するということも分かっていて、更に、ガッツリとした運動ではなく軽いウォーキング程度の運動で体内の水分を循環させることが可能です。

 

水を飲んでから軽い運動(ひねる程度でも可)を取り入れることによって水分補給を完結させると老廃物を代謝することが出来るとのこと。

 

野菜や果物から得た水分の方が細胞レベルまで浸透するので、食事に野菜を取り入れると良いです。

 

 

ainsofu.hatenablog.com

 

運動しながら、勉強すると記憶力が向上するということで、スタンドデスクとステッパーを組み合わせて作業したり、勉強したりすると良いです。

 

aiGoさんも7万円するステッパーを使っていて、なおかつ、家から椅子を無くすようにしているとのこと。

 

「座るのは食事の時くらいです」とのこと。

 

読書する時には、管理されている森で歩きながら読書していると語っておりました。

 

読書は時間を決めておき、タイマーが鳴ったら読書を止め、森を楽しむとのこと。

 

運動と休息を組み合わせて読書することでガッツリ脳内に情報を刻み込んでいるようです。

 

好奇心

頭が良い人の特徴で好奇心旺盛であるという事が言われております。

 

メンタリストDaiGoさんのビッグファイブテストを見たのですが、好奇心旺盛で勤勉性が非常に高いという結果でした。

 

単純に、興味がある内容は覚えらるようになっています……

 

興味があるものに触れていると脳の報酬系が活性化してご近所にある海馬(記憶関連)が刺激されるからという事だそうです。

 

しかも、

好奇心旺盛であると、どんどん知識を掘り下げ他の分野へも興味が生まれ輪を広げていくことが出来ます。

 

 

情報量が多いと記憶に残りやすいので、今持っている知識と覚えたい内容を関連付けることで記憶に残りやすくすることが可能になります。

 

 

他には、悩みを利用する方法もあります。

 

例えば、

メラトニンという物質があります……これだけでは情報が少なく1時間後には

 

「何トニンだっけ????」

 

となってしまいます。

 

ですが、

メラトニンは睡眠に関連しているので、メラトニンのサプリを飲むと寝つきが良くります。

 

という内容だと、自分が睡眠の質を改善したいと思っていた場合であれば直ぐにメラトニンを覚えれるという事です。

 

最後に

楽しんで勉強したもん勝ちみたいな感じでした。

他にも、使えるテクニックがふんだんに紹介されていました。記事にまとめきれませんでしたので是非、書店でお買い求めください。

 

ちなみに、予想の採点は40点くらいもらえれば嬉しいかな(笑)