多趣味LIFE

楽しい事しかやりたくない【多趣味LIFE】

【エギング】秋のアオリイカを釣るエギの選び方とサイトフィッシング釣法

コロッケサイズを釣る

9月のアオリイカはまだまだサイズが小さくエギを抱いても針が掛からないなんてことがあります。

 

いくつかの問題の中で今回はテンションフォール時の姿勢について書いていきたいと思います。

 

サイトフィッシングを征するエギ

秋のアオリイカで楽しむことのできるサイトフィッシングですが、見えているのになかなかエギを抱かない……

そんな悲しい経験が僕にもありました。

ピョンピョンエギを跳ねさせアピールし、アオリイカが寄ってくるが抱く前に離れる。

これを繰り返すのみ……

アオリイカがやる気のない状態では仕方がないですが、スイッチが入っているチャンスタイムではもったいなすぎます。

 

サイトフィッシングを征するエギは、

 

インテンションを掛けた時にフラットな姿勢になるエギ

 

です。

 

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ 王 Q LIVE ベーシック 10g 2.5号 ラメ/オレンジ/金テープ

 

今回は小さいコロッケサイズのアオリイカを釣るということなので、2.5号エギを使用しました。

カラー選択についてはとりあえずオレンジとナチュラル系の2色持っていれば問題ないとのことです。

またカラー選択については詳しくまとめていきます。

 

新子は小さいのでラインテンションを掛けた時のエギがフラットになるかが肝になってきます。

下を向くタイプですとエギの胴部分にばかり抱き付いてきて掛からないということがあります。

ヤマシタさんのエギ王QLIVEはラインテンションを張ると綺麗な姿勢でステイしてくれますのでフッキング率がとても高くてしかも使いやすいエギです。

エギ王を使うと下手になると言われるくらい性能がいいそうです。

 

↓釣法については下記で解説いたします↓

イカが好きなエギの動き嫌いな動き

秋の新子は好奇心旺盛。

アピールすればすぐに寄ってきますがエギの動作を間違えると全く抱いてきません。

アオリイカエサがパニック状態の時に活性が上がり捕食しようとする

エギをしゃくることでパニック状態のエサを再現し捕食スイッチをオンにすることが出来ます。

イカが嫌いな動きとしてしゃくった後にがっこんと下を向くエギに不自然さを感じ離れていきます

イカが好きな動きはピョンピョンとエギが跳ねて緩やかにフォールに移行していく動きです。

 

サイトフィッシングにおける釣法

↓細かく解説いたします。読むのが手間であれば次項の釣法手順まとめをご覧ください。↓

 

キャストしてエギが目視でき、なおかつイカがチェイスしてきた!!

ここからサイトフィッシングの幕開けです。

まずはアピールする為にエギをノーテンションで沈めます。

エギが1メートル程沈んだら竿先を繊細にちょんちょんと動かししゃくります。

小さく繊細にしゃくることで1メートルの中で回数を多くしゃくることができアピール力を高めることが出来ます。

僕は4回しゃくります。

しゃくる時に糸ふけを作らないようにしましょう。

最後のしゃくり時に竿を下さずラインテンションを張ります。

そうすることでイカの嫌いな動きを避け緩やかなフォールへと繋げることが出来ます。

エギが平らな姿勢で止まっている時がイカにとっての抱くチャンスになります。

しっかりと針がかかるように向きを調節してあげましょう。

ここで抱かなかった場合、エギの姿勢をフラットにしフォールへ移行の数秒間でイカが離れていくことが多々あります。

しかし、ここであきらめてしまうのは勿体ないです。

もう一度フォールさせ同じ手順を繰り返すことでアオリイカは着実にエギとの距離を詰めてきます。

エギ付近でアオリイカの身体が真っ黒になればこちらの勝ちです。

やる気スイッチオン状態です!!

徐々にやる気スイッチを入れてあげるのがサイトフィッシングにおいての肝になるかと思われます。

釣法手順まとめ

  1. 1メートル程フォールさせる。
  2. 糸ふけを作らないように竿先でちょんちょんしゃくる。
  3. 竿を下げずにエギのフラット姿勢を保つ。
  4. ゆっくりと竿を下げながら糸を海へ送り込みフォールへと移行していく

これで乗らなければ1~4を繰り返してみて下さい。

 

ヤマシタ(YAMASHITA) エギ 王 Q LIVE ベーシック 10g 2.5号 ラメ/オレンジ/金テープ

 

ヤマシタさんのおかけで初心者の僕でも沢山のアオリイカを釣らさせて頂きました!!

初心者でも釣れるので是非試してみて下さい!!