多趣味LIFE

関係ないようでいて意外と繋がっている趣味や仕事。新たな知識、能力を日々追い求める【多趣味LIFE】

イナダをショアジギングで釣るならジグパラ!! 釣れる人釣れな人の違い。

こんにちは、こんばんは。FISHINGLIFEのお時間です。


f:id:qoorallf:20170426214607j:image

本日は新潟県上越市黒井周辺にて釣りをしてきました。

YouTubeを見て、わざわざ東京から釣りに来ている方がおりました。

影響力恐るべし。

 

 

使用タックル

 

ライン張り替えたました!!

PEラインよりも根ずれに強いスーパーファイヤーラインです。

ショックリーダーはlbが近いものを使っております。

ラインを張り替えての感想

よく飛びますね。

しかもライントラブルなし。

ねじれ、よれにかなり強いです。

不快感ゼロで釣りを楽しむことが出来ました。

 

本日の環境

低気圧に囲まれ釣れる気圧配置でした。

潮は大潮。

条件はほぼ全て満たしました。

しかし、あいにくの雨。

曇天ということもありジグパラのヒットカラーはピンクゼブラでした。

 

本日の釣果

イナダ6匹。

少ないです。

周りの方はもっと釣れていました。

午後は投げれば釣れるという状況でしたが、釣れない人は釣れない。釣れる人は釣れる。

ここに何の違いがあるのか観察しました!

 

釣れる人釣れない人の違い

見てて違うなと思ったのが速巻きをするかしないかです。

イナダの場合はメタルジグを投げ着底させ。速巻き。テンションフォールさせ、着底前に速巻き。

以降これの繰り返しが釣れる人の釣り方でした。

ポイントといたしまして、大きくしゃくらない。細かくしゃくりながら速巻きが鉄則のようです。

ロッドを立ててもねかせてもどちらでもイナダの達人達は釣っておりました。

実際に真似した途端に3本連続で釣れ、満足して帰宅いたしました。

 

本日の感想

本日はサゴシが全くおらずイナダの巣窟と化していた上越でした。

サゴシはスローに誘うと反応が良く、イナダは速巻きで誘い出すと反応が良いと私は感じました。

午前中はサゴシが爆釣した釣り方でスローに誘い出しておりましたが結果はいまいち。

しかし、達人達の共通点を知ることでなんとかカバーできました。

イナダはピンクが好きなのでしょうか?

サゴシは金が好きとYouTubeで耳にします。

達人達はピンクを使っておりました。

その日に回っている魚によってカラーチェンジしたり動かし方を変えたり。

それにしてもジグパラ1つで色々な魚が釣れるって凄いなと感じました。

流石、メジャークラフト!!

 

それでは、また。

 

 

ainsofu.hatenablog.com

ainsofu.hatenablog.com

ainsofu.hatenablog.com