読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多趣味LIFE

関係ないようでいて意外と繋がっている趣味や仕事。新たな知識、能力を日々追い求める【多趣味LIFE】

簡単に出来る服をリメイクする方法

 創造意欲がありあまるあなたへ


f:id:qoorallf:20170407232457j:image

 今回は服のリメイク? お絵かき? 術を解説していきたいと思います!!

 今回使用するものはこちら

  • プラ板
  • カッター
  • 鉄製の定規(なくてもいいです)
  • 紙と鉛筆
  • 布用絵具
  • スポンジ(無くてもいいです)
  • 創造意欲

 最低布用絵具さえあれば指を使って模様を付けることが出来ます。

 ということで早速解説させて頂きます。

ステンシルを作ろう

 まずは、紙と鉛筆を用意しましょう。紙に自分好みのロゴを描いていきましょう。

 ロゴを描く上での注意点

  • 線は太目
  • 囲った線を描かない

 囲った線とは、〇のように線の端と端がくっついてしまっている状態。プラ板を切り抜く作業の際に〇を切り抜き色を付けると〇ではなく●このように中が塗りつぶされたものになってしまいますので注意しましょう。

 デザインが終わりましたらその上にプラ版を乗せ両端上下をセロテープで止めて動かないようにし、カッターで紙に描いたデザインをなぞっていきます。ステンシルの完成です。1度作ってしまえば何度でも使えますので丁寧に作りましょう。

 以前私が作ったステンシルです。


f:id:qoorallf:20170407232609j:image

 出来るだけオリジナルのものを作るようにして下さい。なんとなく罪悪感があります。このようにパックったものを販売したりすることは決してしないようにして下さい。

 ステンシル作るのがめんどくさいという方はAmazonで購入できますのでご購入ください。↓

色を塗ろう

 今回は、ぺんてる 布描き絵の具 ファブリックファン スタンダード FFWE-15 15色のオレンジを使っていきたいと思います。あとは、スポンジがあると便利です。

f:id:qoorallf:20170407232747j:image

 以前作った三角形のステンシルで試してみたいと思います。出来上がりがこんな感じ↓
f:id:qoorallf:20170407232649j:image

 残酷ですね。これはステンシルを作る上での注意に記載してある太目の線でというところを無視して細く作りました。へろへろになりますのでご注意ください。

 
 ステンシルを使わなくても柄を描くことも可能です。こちら↓

f:id:qoorallf:20170407232719j:image
 割り箸でつけたものになります。スポンジも使わず指で着色したものです。ちなみにですがこの服は五回ほど洗濯しておりますが問題ありません。

 

実験


f:id:qoorallf:20170407235340j:image

 はちゃめちゃにやってしまいました。楽しいのでいらなくなった白い服でどうすればどんな柄が出来るのかなど試してみて下さい。

 クリエイティブ魂に火がつくかもしれません。

 ちゃんとした作品を作ってブログに致しますのでしばしお待ちを……

 

 それでは、また。