多趣味LIFE

楽しい事しかやりたくない【多趣味LIFE】

11月8日、上越にてエギング初心者がアオリイカ釣りチャレンジしてみた。

こんにちは、こんばんは。エギング初心者です。

 

 

前書き

しばらく期間が空いてしまいましたが、2017年11月8日ようやく海へ行くことが出来ました!!

おそらくですが11月最後の釣行となってしまいそうです。

海まで行くのに1時間半ほどかかるので仕事終わりにちょっくら行ってきますが……

 

「まぁ、無理ですよね」

 

8時に仕事終わって直に上越目指しても9時半スタートで1時間やって12時に帰ってきてはしんどいわし……

出ました!! 友達から譲り受けた渾身のギャグ。

皆さんも使ってみて下さいw

それでは、釣果を見ていきましょう!!

 

本日の釣果

ZERO~♪

ここにきて初の釣果無し。

ちょっとは覚悟してたのでまぁまぁ仕方ないでしょう。

今回は時間もあまり確保できなかったので富山方面への釣行は断念しました。

↓この本を読んだ僕が考えられる原因について書いていこうかと思います。

 

ainsofu.hatenablog.com

 

 

原因解明

コンディション

はい。ということで原因解明していきたいと思います。

今回のコンディションとしては台風2週連続くらってから1週間経過し2~3日晴天でかなりコンディションが良い状態。

しかし、本日は時間が進むにつれ波が高くなる予報でした。

僕が行った釣り場は波が沖に向かってかなりの速さで流れている状態でした。

足場にはアジがわらわら大量にいて、サゴシやイナダ、シーバスなんかは手前までアジを食べにやってきている状況。

 

「じゃあ、魚釣れよ」

 

まさしく、しかしどうしても11月にアオリイカが釣ってみたかったエギング初心者。

絶好の機会を逃しましたw

 

アオリイカの習性

水温が20度以下になり始めると南下を始めます。

20度以上であればその場にステイ、もしくは北上します。

11月8日、上越の水温は19度でした。

おそらく南下が始まった頃です。

更に水温が下がると水温の安定した深場へと移動する習性があるのでショアから狙いずらくなってきます。

 

最大の敗因

場所選びですね。

沈んでいるテトラに居ついているアオリイカを狙っていたので水温が20度以上あった頃は結構釣れていました。

エギが沈みさえすればアオリイカがついてくるようなイメージでした。

足元を見ても炭跡も少なかったですね。

黒井は何気に調子良さそうでした。

何となく形状的に南下してくるモノを受け入れるような作りですよね?

湾内を抜け出すには少し時間がかかりそうです。

 

参考になれば嬉しいです。

 

それでは、また!!

海釣り初心者にオススメの季節ランキング~独断と偏見バージョン~

こんにちは、こんばんは。多趣味LIFEです!!

主に上越で釣りをしていますので日本海側の方には参考になるかと思います。

それでは独断と偏見で選んだランキング順位発表!!

 

第4位 

これは皆さん納得していただけるかと思います。

冬は人間的に辛いです。

荒波の日本海というだけあって冬は頻繁に海が荒れています。

命の危険があるのでオススメできないです。

しかし、上越には火力発電所があるため暖かい場所ではサゴシなどが釣れます。

味覚的には申し分ないのですが釣るとなると装備などにもお金が余計にかかってしまったり気分的にも辛いと感じることが多々ある季節です。

なので初心者または初めて釣りをする方にはオススメできない季節になります。

 

第3位 

夏こそ釣りでしょ!!

そう思っていました……

意外と夏は釣れないということを実感しました。

対象魚にもよりますが、厳密に言うと大きい魚が釣れにくい

豆アジや、サンバソウ、キスといったファミリーフィッシングをする上ではいい季節かもしれません。

しかしながら日本海側はフグが多いという難点がある為、

「フグしか釣れなかったよ」

そんな風に聞くことも多々あります。

場所選びが重要になってきます。

釣りに飽きたら海水浴に切り替えることのできる点では良いかもしれませんが釣りにオススメの季節ランキングなのでこちらは審査対象外とさせていただきますw

 

第2位 秋 

(第1位は春確定だね)

秋と言えば数釣り!!

そして、そこそこ魚が大きくなってきているしかも脂がのって美味しい!!

初心者にも狙いやすいアジ。と言っても夏場に釣れる豆アジから成長して中アジ程度になっているので足場でも初心者には嬉しいサイズをゲットすることが出来ます。

キスは沖へと出てしまう為狙うためにはかなり遠くへキャストしなくてはいけません。

秋にキス釣りをやっている人は、上越では見たことないです。

青物も回遊してくるので大きな魚も狙えるチャンスがあります

また、真鯛やキジハタ、ヒラメなどもサビキで釣ることのできる時期です。

第三防波堤に足を運んでみて下さい。(残念ながら2017年は早々に閉鎖となってしまいました。来年は行ってみて下さい!!)

魚だけでなくアオリイカのシーズンも到来します。

こちらも数釣りを楽しむことが出来るのでオススメです。

しかし、この時期から台風の影響を受けやすくなるので海のコンディションチェックはしっかりとしていきましょう。

 

第1位 

春と言えば、上越春のイナダ祭り!!

どこもかしこもイナダ、イナダ、イナダ。

投げて巻くだけで30cmのイナダがポンポン釣れる。

凄い方は、第三防波堤30本以上上げていましたね。恐るべし上越春のイナダ祭り……

初めて釣りをする方に味わってもらいたいのがやはり大きい魚が釣れる感覚!!

アジも夜釣りになってしまいますが40cmクラスを狙うチャンスがあります。

魚に春と書いてサワラ(鰆)も狙えるシーズンです。

誰でも簡単に大きな魚を狙えるシーズンであり、気候も申し分ないです。

運が良ければ野生のイルカも見ることが出来ます

更にラッキーが重なればイルカが湾内にイワシの群れを追い込みその群れに混ざって鰆が入ってきます。

ポンポン鰆の幼魚であるサゴシを釣ることが出来ます。

春の爆釣を味わったら他の季節が少し虚しく感じるかもしれませんが、オススメです。

しかし、釣れる釣れると言っておりましたが全く釣れない日もあるのでそこは運しだいになってしまいます。

1週間前に爆釣したからと言って今日もといはいかないことがあります。

アジさえも釣れない日を経験しております。

釣り人達が情報交換しているので耳を澄まして聞いてみて下さい。

急に釣れなくなったということもあるので情報を聞きつけたら早めに釣りに行くことをオススメします。

 

 

賛否両論あるかと思いますが独断と偏見でランキングさせて頂きました。

 

強風にも負けず、上越でエギング初心者がアオリイカ釣りを頑張ってみた。ぴょんぴょんサーチvsエギ王qLIVEハイコントラストカラー編

こんにちは、こんばんは。エギング初心者です。

 

 

前書き

今回もエギングに行ってまいりました。

今年は例年に比べ風が強いそうです。

エギングをするうえで最も敵対視している風~~

本日も邪魔されながらの釣行となってしまいました。

ちまたで噂のぴょんぴょんサーチを手に入れたのでそれが使いたくて行ってきました!!

 

釣行

今回の使用タックルは毎度おなじみのあれなので割愛。

使用したエギはピョンピョンサーチエギ王qLIVEハイコントラストカラー

風が強い日の悩みはラインが風に吹かれ出て行ってしまう。

他にもエギが沈まない、エギが流される、遠投できない、メンタル的に辛いなどなどあります。

初心者の僕にはどうする事も出来ません。

対策としておもりでもつけてみようかなと思っておりましたが家に忘れてきてしまったのでとりあえず3号エギで頑張ります!

 

頑張りました。

沈まないけど気合で沈め流される前提で狙いたいポイントよりもだいぶ離れた位置に投げ……

 

果たしてどちらが勝利するのか?

 

↓釣果↓

f:id:qoorallf:20171021225507j:image

 

待ってましたよ。この一杯の為に車で1時間半かけてやってきましたよw

ぴょんぴょんサーチvsエギ王qLIVEハイコントラストカラー

今回の勝者はエギ王qLIVEハイコントラストカラーでした。

 

ぴょんぴょんサーチを使ってみての感想

フリーフォールがめっちゃ縦。

テンションフォールは凄いノリそう。

総評

風が強すぎてあまりよく分からなかったというのが正直なところ。

ぴょんぴょんサーチ釣れないって言っている人の気持ちも何となくわかった釣行になりました。

正直、普通のエギで釣れてるのであれば使わなくてもいいかなという感じでした。

もしかしたら風に強いかもとか思ったのですがそんなこともなく……

風が弱い日にもう一度トライしてみたいと思います!

 

イカを捌いていたら!?

f:id:qoorallf:20171021225521j:image

誰か先に食ってましたね。

不幸なアオリイカですね。

魚にかじられ人間に釣られ食べられる……

 

うん、旨かった!!

 

それでは、また。

勝手にイカが釣れると話題のエギ!!ぴょんぴょんサーチを手に入れた!!

エギーノぴょんぴょんサーチの特徴

  • 底をとらなくていい
  • 強くシャクらなくていい
  • 遠くのポイントをしっかりと探ることが出来る

 

各店舗で売り切れ続出していたぴょんぴょんサーチでしたが、ついに手に入れましたよ!!

f:id:qoorallf:20171014230313j:image

 

Amazonでも一時的に手に入らない状態が続いております。

中には3000円で売られているモノもありました。

待っといてよかった……

 

ノーマルエギとどう違うのか見比べてみましょう!!

f:id:qoorallf:20171014231604j:image

ノーマルエギよりも水平に作られていて芋虫のようなボディー。

最大の特徴であるフリップが付いております。

フリップが付くことにより潮が沖に流れている時にバックの動きを演出できるとのことです。

 

エギーノぴょんぴょんサーチはデュエルのダートマスターをひっくり返したようなボディーをしていますね。

 

↓ちなみに撮影現場はこんな感じ↓

f:id:qoorallf:20171014231618j:image

 置いてないんですね。浮いているんですよw

 

エギーノぴょんぴょんサーチの使い方動画ではシャクリは抑えめにそしてテンションフォールで底どりはしないというレクチャーでした。

 

底どりなしというのはかなりありがたいです。

海がうねっている時はそこが取れているのかどうかさえ判断出来ないですからw

 

購入理由

”初心者でも簡単に釣れる”というキラーフレーズに誘われたのは認めます。

しかし、今回注目したのは遠くのポイントをねちっこく探ることが出来るという点です!!

フリップが付いたことによりエギの動きを抑制し簡単にレンジコントロールもできるようになりました。

何よりも早く手前に来ることを防いでくれているのでありがたいですね。

しかも、ヤマシタさんのエギはテンションフォールが綺麗なんです。

YouTubeで水中の動きを解説している動画があったのですが相変わらず綺麗だなと思いました。

皆さんも是非買って使ってみて下さい!!

ちなみに僕はまだ使ってませんw

 

それでは、また。

 

2017年10月3日上越にてエギング!!波浪警報、雨にも風にも負けず!!サゴシには負けた。

こんにちは、こんばんは。です。

 

 

前書き

今回は、本当であれば第三防波堤に行こうかなと思っていました。

残念ながら10月3日は、強風波浪の為終日閉鎖ということでした。

ならば、風が落ち着いている10月2日の夜から行ってしまおう!!

ということで初のナイトエギングに挑戦!!

したのですが……

何も見えないって怖いねw

エギの動きもよく分からないいるかどうかも分からない根掛りが恐怖などなど理由から上越に到着したものの数十分で車へエスケープ。

朝間詰めに全てを掛けることにしました!!

 

今回の使用タックル

ロッド・・・ダイワ エメラルダス MX アウトガイドモデル 86ML・E

 

リール・・・ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 月下美人 MX 2004DH (2000サイズ)

 

ライン・・・バークレイ ライン スーパーファイヤーライン 150m クリスタル 0.5号 8lb

 

リーダー・・デュエル(DUEL) ショックリーダー TB フロロカーボン 30m 2.5号 10lb ナチュラルクリアH3503

 

エギ

レッド赤グローの3号になります。

 

アオリイカが小さかろうが3号でも問題なく釣ることができます。

最近は2、5号エギをほとんど使用しなくなりました。

 

コンディション

朝間詰め天候が不安ではありましたが波浪の影すら見えないといったコンディションでした。

昼の12時には風速20km予報でしたが午前6時の風速3km。

しかも追い風。ラインメンディングの必要なし。

何も悩まされる事無く釣り開始!!

若干の雨ではありましたがエギの動きに問題はありませんね。

潮は濁ってはいないけどクリアではない。

クリア寄りかなという状況でした。

 

釣果

今回はしゃくりを弱めにしてみました。

スローショアジギングのようなシャクリに変更。

ワンピッチジャークです。

巻いた時に竿先が少ししなる程度の柔らかいシャクリにしてみました。

4回しゃっくった後にラインテンションをしっかりと張ったまま竿を立ててステイ。

その後にゆっくりと竿先を下げながら糸を50cmほど送り込んでから竿を真下に向けてフリーフォール。

竿を真下に向けてたるんだラインが海にだいたい吸い込まれてから2秒後くらいに再びしゃくり始めます。

 

↓ということで釣れました↓

f:id:qoorallf:20171003135808j:image

 

今まで釣っていた新子って本当に小さかったんだなって改めて感じました。

次釣ったらリリースしてあげようかなという気持ちにさせられましたねw

胴長約15cmほどの食べ応えのあるアオリイカゲットです!!

 

先ほどと同様の手順で釣果を伸ばしました。

 

今回は2時間で6杯釣れました!!

1杯引き抜こうとしたら海へ帰っていきましたがまぁまぁまぁ……

サイズが良かったので悔しいのですがまぁまぁまぁ……

今回は全てノーサイトで釣ることができました。

成長したものだ‥‥‥

そろそろ脱初心者かなぁーー?

どうですかね!?

 

f:id:qoorallf:20171003135826j:image

 

エンペラは刺身で。胴とゲソは沖漬けからの天ぷらなどなど。

エンペラは食感がいいのですが少し臭いがきつい印象なので生姜醤油で頂きました。

 

2、5号エギ投げてフォールさせていたのですが、秋も深まりサゴシが混じるようになったのでスパッとエギを持ってかれることが多々ありました。

3号もときどき持ってかれるので注意しましょう。

 

ショアジギングで狙えない魚を狙う!!【ショアスローオススメルアー】

ショアスローとは?

活性の低い魚や泳力が低くジグを追いきることのできない魚に対してアピールすることのできる釣りになります。

 

ショアスローオススメルアー

アングラ―ズリパブリックさんのスローブラッドキャストシリーズ

がオススメになります。

スローブラッドキャストシリーズは、フォール速度の異なるスロー専用ジグを3種類取り扱っています。

  1. ワイド
  2. スリム
  3. オーバル

他のメーカーさんでは記載されていないフォールスピードが知れるのはかなり嬉しい。

 

サイズバリエーションが豊富 

10g、15g、20g、30g、40g、60gの全6サイズ×3種類

 

カラーバリエーションも豊富

全11色に最近2色追加されたので全13色×3種類

 

動画で学べる

YouTubeで調べていただければ多く動画が出てきます。

天候や時間によって選択するカラー、動かし方などをちょこちょこ小出しではありますが教えてくれます。

スローブラッドキャスト

WIDEの特徴

近距離、遠浅フィールド攻略のためのWIDE

フォールスピードはシリーズ中で最も早い90cm/s

1秒間で90cmフォール。

重心がお尻側にあるのでイレギュラーなフォールを演出してくれます。

リアフックがリーダーに絡みずらい。

 

 SLIMの特徴

遠距離、急深フィールド攻略のためのSLIM

フォールスピード80cm/s

重心が真ん中にあるため安定したフォール姿勢(レベルフォール

入力に対して反応がいいので少ない力でしゃくることが出来る。

 

OVALの特徴

超スローフォールのOVAL

フォールスピード60cm/s

レベルフォール

SLIM同様にレスポンスがいい。

 

一度でいいから使ってもらいたいOVAL


ショアスロー×クエ

 

今までにないスローフォールがクセになる。

実際に使用してみて真鯛がチェイスしてきたりと普通のジグとは明らかに異なる!!

フォールを見ていただければその遅さに驚愕するかもしれません。

10g、15g、20gあたりのサイズでしたら繊細なエギングロッド扱うことが出来るのでかなり楽しめるかと思います。

2017年秋の上越にてエギング初心者が初めて夕マヅメに挑んでみた!!

こんにちは、こんばんは。です。

 

 

前書き

今回で5回目のエギング釣行になりました。

 

今まではサイトフィッシングでアオリイカを釣ってきましたがそろそろサイト出来ない場所からでもアオリイカを釣りたいなと思いエギが見えずらくなる夕マヅメに行ってまいりました。

というのは嘘で、日中からサイトフィッシング目的で上越に行きました。

 

しかし、風速11kmということでエギが全く沈まず釣りにならない……

横風と潮の流れが速かったためエギングを断念しました。

午後から風が弱まる予報でしたが弱まることなく日没へ。

 

今回の使用タックル

ロッド・・・ダイワ エメラルダス MX アウトガイドモデル 86ML・E

 

リール・・・ダイワ(Daiwa) スピニングリール 16 月下美人 MX 2004DH (2000サイズ)

 

ライン・・・バークレイ ライン スーパーファイヤーライン 150m クリスタル 0.5号 8lb

 

リーダー・・デュエル(DUEL) ショックリーダー TB フロロカーボン 30m 2.5号 10lb ナチュラルクリアH3503

 

エギ

今回はブラック金グローのハイコントラストカラーの3号エギを使用しました。

490グローと異なり発光部分は控えめです。

そこまで発光させなくてもイカは釣れると聞いたのでこのカラー。

シルエットがはっきりしていた方がとも聞いたのでブラックでシルエットはっきりのものを使用してみました。

 

釣果

風が穏やかになり3号エギがなんとか沈むようになりました。

いつも通りにエギがアーチ状に動くようにしゃくりっていきます。

ワインドのようにピョン・・・ピョン・・・ピョンと跳ねる感じです。

 

僕「あれ? 今当たったな……」

友達「当たった?」

「たぶん、当たった」

ドーーン!!

「のったのった!! でかいでかい!!」

イカジェット!! ギギギギーーーー

「おもいおもい」

ギギギギーーーー 

 ドラグを緩めすぎて海面から10センチのところでイカがぷらーんぷらーん。

 

ドラグを締めて抜きあげることに成功!!

f:id:qoorallf:20170928225615j:image

 

ガッツリとエギを抱いておりました。

胴長15センチほどですが、今まで釣ったアオリイカで最大サイズです!!

記録更新!!

 

真っ暗な中、沖の方で釣ることが出来て良かったです。

エギにライトを当てて発光させてから1投目で来ました!!

 

「発光って重要なんかな?」

 

そう思った僕は490グローLIVEサーチを使用しました。

先ほどとは真逆なエギを使用。

光を蓄えさせて夜でもしっかりと確認できるくらい光らせた2、5号エギを投げました……

しかし、全く反応が無い。

 

「やっぱり光らせすぎると良くないのかな?」

 

結局1杯のみとなってしまいました。

f:id:qoorallf:20170928225618j:image

 

美味しくいただきました!!

やっぱり、刺身最高だね!!